孫に『安全』なおうちは、定年後のご夫婦にとっても『安心』なおうち

孫の誕生を機に、忙しいパパママを応援して
孫とも楽しく安心して過ごせる暮らしを考えてみませんか?

夫婦共働きで、保育園のお迎えは祖父母にお願いしている。
お休みの日は、時々祖父母に預かってもらったり、泊めてもらったり。
そんなご夫婦は大勢います。
孫を安心して預かることができる住まいへのリフォームを、孫のご誕生を機に
ご検討してみませんか?

孫を預かる住まいをつくる上で一番大切なことは、『安心安全』への備えです。
孫にとって、祖父母の家は全てが遊び場。
会うたびに成長する孫は行動範囲も広くなり、家でケガをしてしまうこともあるかもしれません。
自由にのびのび遊べるように、孫を預かる家は『安心安全』に配慮した住まいにしたいものです。
それに、孫に『安全』な家は、ご高齢のお二人にとっても『安心』な家になります。

★★データから見る孫と快適に暮らすヒント★★
blog_mago_01
ヒント①孫は祖父母のことを「優しくて好き」など、よいイメージを持っています。
ヒント②家をリフォームすることで、祖父母への好感度がさらにアップします。

blog_mago_02
ヒント③孫が苦手な場所はダントツで古いトイレです。
ヒント④トイレを明るく清潔、安全で使いやすい空間に変えると、家を好きになってもらえます。

元気いっぱいの孫を預かると、心身ともに疲れるものです。
毎日の家事負担を出来るだけ少なくする工夫もしておくといいですね。

クレスリフォームクラブはご夫婦お二人の新しい暮らしづくりに、
「なるほど!」と感じていただける、お二人のためのリフォーム「フタリフォ」に数多くの実績があります。

★★リフォーム事例のご紹介★★
aaaaaaa
これまでひそかに願っていた想い…
「2匹の愛犬と、休日に娘夫婦が連れて帰ってくる孫が遊びまわるのを見守りながらキッチンに立ちたい」
そのために、2部屋を隔てる壁を取り除いて広いLDKにしたい、散らかるものを片付けやすくしたい、冬でも暖かく快適に過ごしたい、そんな想いを実現したT様邸のリフォームです。

使っていなかった押入や縁側も部屋として取り込み、これまで2部屋を隔てていた壁の半間は筋交を見せる仕上げが繋がりを感じる広いLDKになりました。わんちゃんに優しく、赤ちゃんも過ごしやすい床材を使用しています。

bb
対面キッチンにすることで、わんちゃんやお孫さんが遊ぶ様子を見守ることができます。

ee
お掃除がラクなトイレ(Panasonicアラウーノ)へ入替しました。

hh
幅2mのクロークボックスを採用。たくさんの靴もお散歩用品もたっぷり収納できます。

S__5808142
リビングには、ご主人が憧れていたペレットストーブを設置しました。
LDK・浴室の窓はLowEペアガラスに交換し、断熱材もしっかりと敷き詰めて寒さ対策を施しました。

PanasonicリフォームClubでは、
“おふたりのためのリフォーム「フタリフォ」”の参考プランを約150種もご用意しています。
WEBで8つの簡単な項目にお答えいただくだけで、
インテリアや暮らし方のお客様の志向を診断。
あなたにピッタリな参考プランを
これからのふたり暮らしを考えるヒントとして、メールでお届けします!
診断は無料ですので、お気軽にどうぞ(^^)

★★詳しくはこちらから★★